<ヤコブ ドゥイン醸造所(ビオディナミ)>



バーデン地方の西部、フランスとの国境にほど近いビュールにある個人経営の醸造所。ヤコブ・ドゥインは有名レストランでソムリエとして、ワイン輸入業者で販売主任として働いた後、1994年に夢であった自分のワイナリーを創業した。
バーデン地方で伝統的に栽培されてきたピノ・ノワール種に惚れ込み、この一品種だけを栽培している異色の醸造家です。
彼は伝統に対して自説を持ち、ワイン製造における技術を自分で習得すべく日々奮闘している。
そんな彼のこだわりとして、ぶどうの木の樹齢に大きな価値を置き、ワイナリーはまだ若いが、ブドウの木の樹齢は平均して30年に達している。2004年からより生き生きとした自然なワインを造るためにエコロジカルな経営に転換し、ビオディナミ農法※を始める。
2008年にはデメター※の認証を受ける。製造過程では、ぶどうが持つ自然酵母によって木樽で発酵させ、熟成は一貫してフランス産の新しいバリックで最長約24か月間行われる。濾過などの人工的にワインを澄ませる作業はせずに、瓶詰めする。ぶどうの素性と長い発酵時間が特徴である。ドイツの赤ワイン製造者の頂点に苦労して登りつめ、今日ドイツの最高のワイナリーのひとつに数えられている。2005年にはアイヒェルマンより最良の赤ワイン生産者としてワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。ヤコブの造るワインには彼の独自性と根気強い努力が生き生きと写し出されている。

※ビオディナミ農法: 除草剤や殺虫剤などの化学薬品、化学肥料に頼らない有機栽培に加えて、生物の潜在的な力を引き出し、土壌に活力を与えて作物を育てる方法。例えば、太陰暦・占星術に基づいた「農業歴」に即した農作業。プレパラシオンと呼ばれる、牛糞やタンポポ等の自然界に存在するものみを由来とした肥料の使用。


※デメター: ドイツを中心にビオディナミ農法の指導と認証活動を行う団体。デメターの認証を受けるには、ビオディナミ農法で栽培された農産物を用い、加工、保存、包装、流通に至るまで細かい基準があり、厳しい審査を合格しなくてはならない。世界で最も基準が厳しいオーガニック認証のひとつである。

ヤコブ ドゥイン醸造所(ビオディナミ)

3商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
3商品 1-3表示
  • <
  • 1
  • >
3商品 1-3表示
  • < Prev
  • Next >