<クラウス&マリウス マイアー醸造所>



プファルツ地方の名高いワイン通りの南部にあるロート ウンター リートブルクの家族経営の醸造所。ドリトとクラウス マイアー夫妻によって1987年に創業。
現在は息子のマリウスと共に14ヘクタールの畑を経営している。
マリウスは醸造家になるための学業を終えた後、ベルンハルト コッホ、ペーター アルグス、ハンスヨルグ レープホルツのもとで修業をし、ブルゴーニュ(フランス)、カンプタル(オーストリア)、ニュージーランドで実践的な経験を積んだ。2007年ドイツの農村青年職業コンクールワイン醸造部門で勝利し、2008年にはワインテイスティングでヨーロッパチャンピオンとなった。“ぶどうの素性を味わえる様に造る”というモットーのもとぶどうの栽培から秋の収穫においては攻撃的に、醸造においてはできるだけそのぶどうの特性に忠実に守備的に取り組む。
そのためには制御された発酵そして酵母のもと長時間熟成させることが重要である。その作業には時間がかかるが、長い間たくさんの飲む喜びを得られるワインを造ることが出来る。
斑砂統、赤底統(砂岩の風化土壌)、花崗岩そして石灰泥灰岩による稀な土壌から造られる彼のワインはゴー・ミヨワインガイドやアイヒェルマン ドイツワインでしばしば賞賛されている。
クラウス&マリウス マイアーは注目すべきワイナリーである、なぜなら値段と品質が絶妙のレベルを“まだ”保っているから。

クラウス&マリウス マイアー醸造所

6商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
6商品 1-6表示
  • <
  • 1
  • >
6商品 1-6表示
  • < Prev
  • Next >