<ヴィラ ホーホドルファー醸造所>



プファルツ地方の名高いワイン通りの南部にあるランダウの家族経営の醸造所。 ホーホドルファー家のルーツは1525年まで遡り、代々その土地でワイン醸造に従事し現在では6、7世代目に至る。
6代目に当たるリーゼロッテさんはホッホドルファー家初の外国での経験をもとに修行し自分でワインを造っている女性醸造家です。
“品質とは自然に則る事”という哲学のもと品質を保つために収穫量を制限し、自然に近いエコロジカルで持続可能な状態でぶどうを栽培している。このワイン通りの南部はドイツでは特に温暖で日照が豊富な地域であり、その特別な土壌はたくさんのぶどう品種に対して素晴らしい条件を提供する。
その恵まれた地域に約40ヘクタールのワイン畑を所有し、主にリースリング、ブルグンダー種の白ワイン用のぶどうが6割、その他シュペートブルグンダー、フリューブルグンダーの赤ワイン用のぶどうが栽培されている。

ヴィラ ホーホドルファー醸造所

5商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
5商品 1-5表示
  • <
  • 1
  • >
5商品 1-5表示
  • < Prev
  • Next >